HOME>コンテンツ>社会人になっても利用できる専門学校【異業種への転職に役立つ】

社会人になっても利用できる専門学校【異業種への転職に役立つ】

勉強

夜間を活用する

現在働いていても様々な理由で転職や諦めていた夢を追いかけたいと考えている方は多いです。社会人から希望する仕事に就く為には、今までの経歴をアピールできる職業なら転職活動もうまくいく可能性は高いです。しかし全くの異業種である場合は、今までの経歴が評価され難いのでスキルの証明が鍵になります。その証明こそが資格と言えます。仕事を辞めて学校に入り直す事が可能であれば良いのですが、収入が途絶える事は避けたい環境の方もいます。その様な悩みを抱える方に最適なのが夜間の専門学校です。目指す資格により卒業する事で得られたり、予備校の様に試験合格に特化した専門学校等あったりします。人によりどちらかは違いますが、夜間に通学するので日中は仕事を続けられて収入を保ちつつ資格取得を目指す事ができます。以上の事から社会人の方が専門学校夜間部を活用する事が増えています。

複数の人

活用する為に行う事

専門学校の夜間部を活用すると決めたら、まずは自身が目指す資格が取得できる学校探しから始まります。この際に確認する事は自身の現在の仕事が継続できる時間帯に開校している事や、無理なく通える距離にあるかです。専門学校に社会人枠がない事は少ないので心配ありませんが、継続して通えるかどうかが重要です。夜間の授業は一般的に18時から21時頃までです。社会人ならではの不安や疑問もあるので、学校を絞ったら説明会に参加すると、奨学金やサポート体制も確認できます。申込み方法は各専門学校によって違うので、説明会で受け取る資料や請求した資料に申込み案内が同封されています。それを確認して申請すると良いのですが、入学するには試験があります。試験内容は一般教養や中にはAO入試という面接を主とした人柄をみる試験もあります。目指す学校がどの様な試験体制かも確認し、それに応じた準備が必要です。

広告募集中